Temma Hirasawa

Designer, CTO of MOBO

  • Past

    幼少期は、祖父がデザイナーという影響を受け、美術に強い興味をずっと持っていました。
    そして小学5年生の頃にコンピュータに出会い、それ以来ずっとコンピュータを道具ではなく玩具のように触れてきました。

    自分が他の人に負けないと自負できる美術とコンピュータを仕事に出来ないかと思い至り、2005年に上京。デジタルハリウッド大学に1期生として入学しました。
    インターネットの進化が働き方にも変革を起こすと見据え、就職をせずに卒業後すぐの2009年〜2015年までフリーランスのデザイナーとして活動してきました。

    • WEB DESIGN
    • GRAPHIC DESIGN
    • BRANDING

Now

デザインの可能性をもっと追求したいという気持ちが大きくなり、1人で出来ることの限界を感じたことから、
2015年にデザイン制作会社MOBOを立ち上げました。
引き続きウェブデザインとグラフィックデザインを、3人のメンバー、そしてたくさんの仲間達と制作しています。
このデザインの追求を通して、働き方に革命を起こしたいというのが今の一番強い想いです。

VIEW WEBSITE

Future

私は仕事を通して様々な人と出会う中で、個人や小さなチームの持つ柔軟性が、
時に大企業をも凌駕する価値を生み出している様を目の当たりにしてきました。
私はそんな志高いサービスが、適正かつ効率的に広まっていくために、インターネット、そしてデザインが存在していると考えます。

働くということは本来、どんな仕事であれ究極的には人を豊かにするという目的があり、
そしてそれが世界を良くすると僕は信じています。
しかし働くということに対して漠然と存在する閉塞感。
僕はインターネットとデザインの力を使ってこの閉塞感を破壊したい。

それを実現するためには、一人ひとりが自己を見つめ直し、何のために働くのかというアイデンティティを確立する必要があります。
そして、そのアイデンティティを適正に伝えるウェブサイトを個人が当たり前に持ち、その考えに共感する人が効率的に結び繋がれば、
正の連鎖が起こり、働くという概念に変革が起こると信じます。

そんなウェブサービスを開発することを最終的な目的とし、今日も誠心込めてデザインに取り組みます。